るうるう

アクセスカウンタ

zoom RSS Oculus touch

<<   作成日時 : 2016/12/10 00:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

oculus touchが届いた。日本は今年中に届くのかなぁとか思ったりしてたんだけど
コントローラーの方はほとんど遅れが無かったんだね。
画像

センサーバーとコントローラーのセット。
相変わらず説明書とかは操作に関する注意とかでセットの方法などは書いてない。
oculus homeからセッティングは出来る。けど日本語の解説は無い。なんとなくで解るという気もするけど。
このあたりはviveはどうなんだろうなぁ。steamで解りやすく出来たりするのだろうか。
センサーバーは3つ使えばルームスケールでのプレイが可能とか。4つまで使用できるらしい。
数が増えると精度が増すらしいんだけど、解らない。

付属品ではRock Band VRをプレイ時に使うものが付いてるけど自分は関係ないかな(笑
画像

電池式なので、付属品で電池も付いていた。
電池は単3を1本ずつ、20時間ほど使用可能とか。viveは充電式で6時間くらいとか。
vrゲームは長時間やらないだろうとも言われるけど、まぁ長時間続けてもなんとも無い人は続けたりするので
長く使えるなら長く使えたほうがいいかなとも思う。

コントローラーは重いかどうかは正直わからない。ゲームのコントローラー類を重いとか考えた事ないので。
まぁ長時間使用しても自分は疲れないと思う。
画像

ちなみにフタは磁石式だ(笑)カチッとするのは爪が折れたりするからかなぁ・・。
それなりに強い磁石なのでポロッとはいかないんだけど、物を投げる動作で
かなり速度を上げ振るとフタがカチッとずれてまた磁石でくっつく。握っているので外れないんだけどね。
まぁ気になったという所ではそれくらいかな。そこまで振る必要の物はないんだろうけど。

実際に使用してみた感じですが、どうせコントローラーの認識がプルプル微妙に震えているんだろうと
思っていたのですが、そんなものはありませんでしたね。時代は進んでいるんですね。
これなら銃を使用するゲームでも活躍しそうな気がする。

コントローラーの上面に指がくると親指が反応して閉じたり
トリガー部分に手が触れるとやや閉じたりと、ハンドジェスチャーが可能となっている。
それをどう使うかと言われたらアレだけどソフト次第ですかね。色々なVRゲームなどに
対応させるような工夫を盛り込んでいるのかもしれない。
実際の手の動作とは異なるので、ピンと来ない感じもあるんだけど。


他のメーカーが作ってるようなグローブ形のコントローラーとかだと指の動きなどリアルに
再現可能なのかもしれないけど、対応ソフトがどうなるかというような状況ですよね・・・。

使用の際は、どちらかというと立って振り回せるような状態で使用する感じですかね。
椅子に座ってゲームをプレイしてみましたが姿勢に無理が出る(笑)下の物が拾えないとか色々。
VRコントローラーを使用する際は最低でも1.5mx1.5mくらいのスペースで
立って遊べる環境は必要な気もします。

画像

The Unspokenプレイしてみましたが、なんとなく楽しい。
手を握ると火の玉が生成され、投げる動作をすると火の玉が飛んでいく。
投げる力加減などで飛ぶ感じも変わる、ある程度は補正で敵に飛んでいく感もあるけど
魔法っぽくてそのあたりも楽しい。
トロンのディスクバトルでも出ないかなと、ふと思ったかな。

画像

bullet train。フリーのVRデモ的なゲーム。短いんだけど銃で敵を倒すという雰囲気が楽しめる。
映像も明るい舞台だけどなかなかリアルに見える。
VRのゲームはレビューなどを見ていると、テレポートという移動方法が用いられているものが多い。
上のゲームもそう。実際は自分の足で歩いて移動というのがVRらしいんだろうけど
ルームスケールにしても限界がある。
従来通りにパッドで移動したら良さそうなイメージもあるんだけど、ゲームの中のプレイヤーが
攻撃を受けたりしてよろめくと、平衡感覚がおかしくなるので倒れたりしないようにしてるのかなと
いう気もする。
まぁでも、不思議なゲーム感覚とも言える。
あと、グレネードを拾って投げるけど振りが甘くて遠くまで届かないと寂しくなる。
従来のゲームであれば超人的な動作で飛ばしてくれるんだけどね。
こういうのをプレイすると、アーケードのガンシューをVRで復活させて欲しいと思う。
レールシューティングでも十分楽しめそうな気がする。

画像

First contact。これもデモ。touchの操作が楽しめる。
ロボットから渡されたディスクを機械にセットして出てくるもので遊んだりできる。
センサーの位置が悪かったりすると画面の中の指が上手く曲がらなかったりする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Oculus touch るうるう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる