outlast

画像

PS4で発売予定とかで、何か面白そうだなぁと思ってたホラーゲームなんですがsteamでPC版が出てたので買ってみた。
グロテスクな表現もあるんだけど、PS4からはその辺りも緩くなるんだろうか??
サイコブレイクとかいうホラーゲーも見た感じかなりグロいですよね。また日本版だけ規制されたりして・・・。
PS4の紹介のページ見るとストーリーはこういう感じのようだ。
アメリカ合衆国コロラド州―山の頂にそびえる隔離された巨大な施設に真の恐怖が潜む・・・長い間閉鎖されていたその施設は最近グローバル企業・マーコッフコーポレーションによって秘密裏に再開されていた。
匿名の人物より連絡を受けたフリージャーナリスト「マイルズ・アップシャー」はその巨大施設に侵入する。そこで彼が見たものは科学と宗教、そして自然を超越したものだった。施設の真実を突きとめることこそが、生き延びる唯一の方法。最恐のサバイバルホラーがはじまる。
画像

少し遊んでみた感じだけど、びっくり系のホラーかな。ドジャアアアアン。みたいな。
ナイスタイミングでびっくりが発動するので、なかなか雰囲気は良い。
ただ、計算されたビックリなので、2回目からはビックリできないのかな。
画像

このゲームでは懐中電灯ではなく、暗闇ではハンディビデオカメラの赤外線モードで見回しながら進みます。
このモードに切り替えると電池が減る(笑)ところどころに落ちている電池を拾いながら進む。

電池の減りは異常に早い。暗い所が多いので、びびりながらプレイしなければいけない。
画像

最近遊んだホラーゲームの中ではよく屍体が出てくる(笑)オブジェのように配置されている。
探索ホラーゲームという感じではあるけど、基本的にほとんどの物に触れることはできない。
光っているアイテムくらいしか取ることが出来ない。
机の引き出し開けたりして・・とかいうアドベンチャーゲームではない感じかな。今のところ。
画像

車椅子がひっくり返っているとどうもサイレントヒルを思い出してしまう(笑)
病院とか学校とか、怖いよね。
画像

なんというか、異常な雰囲気です。どうでもいいけど、カメラの位置が微妙に高く感じる。
最初、体が浮き上がっているのかと思ってしまった。
画像

なんかデターーー。という感じで暗闇で襲われるとビビる。
攻撃は無い。今のところ。逃げるしか無い。しかもしつこい。
数発連続で殴られると死ぬ。逃げきれると大丈夫?ライフの表示も無いしなぁ。
画像

ロッカーの中とかベッドの下など一部の物に身を隠すこともできる。
ロッカー開けてくることもあるので見つかってしまう場合もあるようだけど。

ちょっと遊んだ感じだけど、なかなか雰囲気あって面白いと思う。
ビックリ覚えゲーなので、2回めからは恐怖体験は機能しないかもしれない。
暗闇が多いのでカメラで見ながら進む雰囲気もイイ感じ。電池の減りがアレだけど。
この辺りは電池が切れる!という緊張感よりめんどくさいという感情が強くなる(笑)
こういう映像は、ラバージョニーとかB級映画のグレイブ・エンカウンターズ思い出すなぁ。
しかし、こういう時ワイドの画面だとなかなか没入感があっていいかな。

Unreal Engine4を使用して発売される最初のタイトルとかも聞いたけど
どういう部分でどういう違いがあるのかはよくわからないなぁ。
まぁグラフィックは綺麗だなと思う。丁寧に作ってあるだけかもしれないけど。

その2へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック